2011.9.26 実店舗オープンへ向けて動き出しました

サイトのみで運営してきたイリアですが、
この冬、とうとう実店舗をオープンする運びになりました。

今朝は、いつも仕事を一緒にやっている仲間、
グラフィックデザイナーの久保さんと
イリアオープンのチラシを作るため
入居予定のビルに入り、その古い床を使っての撮影をしました。

昨晩夜なべして、ちくちく刺繍したリネン、
昔フランスの蚤の市で買ってきたデッドストックのボタン、
久保さんが用意してくれたアンティークのはさみ、
などなどを床に散らして撮影。

まだ何もないガランとした部屋に
カメラのシャッター音だけが響いていました。

接写して撮って、

中腰で撮って、

そしてチェックして

また撮る。

ときどき外を走る市電ががらがらと大きな音をたてて通り過ぎる。
あぁ?今日のこの光景や音は、きっとずっと忘れないだろうな・・・と
色々なことを心に刻んだ朝。

久保さん、いつも本当にありがとう。
できあがりが楽しみです。

さてお店を開くこの場所は
私にとって感慨深い場所でもあります。

その昔、まだ20代の頃、憧れの大先輩も最も尊敬する上司も
この場所で店長として店をやっていました。
その頃の面影を残すのは、今はこのウィンドウだけ。
ウィンドウの中の壁に掘ってある小さな棚も当時のまま。

今回、このウィンドウを生かして店を作るか、
またはウィンドウを取り壊して新しいものを一から作るか
という話が出ました。

やっぱりこのウィンドウは残したい。
そう思いました。

まさかまたこの場所でお店を、それも自分が一員として
始めるとは思ってもいませんでした。

当時の店長はそれぞれ独立してお店をやっておられます。
イリアはその力にあやかれるかな・・・。
ここでまたがんばっていきたいと思います。

kajihara