free dial 0120-969-815
open am11:00〜close pm 7:30 wednesday closed

サイズについて、在庫について、ご不明な点はお気軽にお問合せください。店舗スタッフが丁寧にお答えします。

通話料無料 0120-969-815
一般電話 076-495-8560
午前11時〜午後7時30分

メールでのお問い合わせ
indigo@etworld.co.jp

chaco(チャコ)

6. 1.Sat

chaco_his_670.jpg


チャコサンダル社は1988年、マーク・ペイジェンによって設立された。マークは、1970年代後半から1980年代にかけて、北カリフォルニアのカスタム・シューズメーカーで働いていた。その後コロラドに移り住み地元のリバーガイドをしていたが、その当時に売られていたアウトドアスポーツ向けのフットウエアに満足していなかった彼は、靴職人だった経験と知識を生かし、自分でサンダルを作ることを決意。そしてチャコサンダルがスタートした。

彼が最初に作ったサンダルは口コミで人気を呼び、多くの友人が製作を依頼。Z2のストラップ形状や張り替えができるソールなど現在のチャコサンダルの特長の多くは、設立当初から受け継がれているマークのポリシーでもある。現在はさらに、足を専門とする整形外科医の力も借り、人間工学的な側面からも快適なデザインを追求し続けている。

Fit(フィット性)/Comfort(快適性)/Support(サポート性)/Performance(性能)、日常の生活からあらゆるレジャーシーンで愛されるサンダルを。マークのポリシーを受け継いだチャコサンダルは、現在もなお開発に力を注ぎ成長を続けている。




chaco_1990_670.jpg


上の写真は、現行のプロダクト(左)と、スタッフが所有する 今から15年ほど前の アメリカ製のプロダクト(右)。
長い歳月を経て、今もなお 履き続けることができる 「チャコ」サンダルの タフさが うかがえる一枚。

2000年初期まで、アメリカ(コロラド州)で生産されてきましたが、現在では別ラインとして稼働していたアジア生産に切り替わっています。当時は、現行のものよりも 4~5000円ほど高値でしたが、高いグリップ性を生み出すビブラムソールを使用しているのは変わらず、現在も 高いクオリティーを維持しています。


チャコサンダルの最大の特徴ともいえるウェビングテープ。これは1本のテープでできています。もともと川や山といったアクティブなアウトドアシーンで使用するために考案されたもので、こまかなサイズ調節が可能となり、足の甲や幅といったサイズの問題を すべて解消してくれます。



chaco_z1z2_5.jpg

chaco_z1z2_6.jpg




c1.jpg


c2.jpg


c3.jpg


c7.jpg


c0.jpg


c8.jpg


岩場での バーベキュー、川辺での 水遊び などなど・・・ さまざまな アウトドアシーンでも しっかり活躍してくれる 「チャコサンダル」。 もちろん、ソックスと組み合わせたスタイルも オテノモノ! 季節を選ばず 履いていただけるのも、「チャコサンダル」の 魅力の ひとつ♪ 1足に とどまらず、2足、3足 と集めたくなる テープバリエーションで、あなたも 「チャコ・ファミリー」の輪を 広げましょう!




chaco_limited.jpg


今シーズンは、人気モデル「Z/1」を ベースにした ”日本別注モデル” 「ZX/1」も 登場!
プル・スルー・ストラップテープを、2本仕立てに配した リミテッド・エディションです。生理学的にデザインされたフットベットは変わらず、履き心地、機能面も◎です。こちらも ソックスのままでも履ける つま先オープンデザイン。


ほかにも、お子様の足にもフィットする チャコのキッズモデル 「Z/1 キッズ」 もございます。

お探しの一足を こちらのラインナップから お選びください。

ZX/1 ヤンパ (日本別注モデル)
Chaco(チャコ)
ZX/1 ヤンパ (日本別注モデル)
Chaco(チャコ)
Z/1 ウィナウィープ
Chaco(チャコ)
Z/1 ウィナウィープ
Chaco(チャコ)
Z/1 ウィナウィープ
Chaco(チャコ)
Z/2 ウィナウィープ
Chaco(チャコ)
Z/1 キッズ
Chaco(チャコ)
page top |  ショップ情報 |  通販について |  お問い合わせ |  特定商取引法に基づく表記 |  プライバシー・ポリシー